修理例

つま先金属

クロケットにトゥスチール

Crockett&JonesのスリッポンにLULUスチール取り付けの依頼です。

新品・硬い革底・グッドイヤーだとつま先が鋭角に削れるので、つま先の保護は必須かもしれません。

靴底が屈曲すれば削れも弱くなるので、靴の内と底を濡らしれグイグイ曲げるのも良いかも。

IMG_20180522_214821_20180601_125613.jpeg

革包丁だけで仕上げる方も居ますが、うちは削ってヤスってカッターで切って断面を処理します。

この処理とスチールの曲がり調整が大事になってきます。

 

 この時につま先の強度に不安があれば縫う必要も出てきます。新品は大丈夫でしょう。

IMG_20180524_163346_20180601_125546.jpeg

そのまま止めると結構ネジ頭が出るので、ドリルでネジ穴を拡張。

言わなきゃ誰も気づかないなーと、削りながら思ったり。

IMG_20180524_175022_20180601_125507.jpeg

合わせの切り込みはカッターの方が直角に仕上がるなーとか思ったり。

スチールの角度を、ヒールかソールのどちらに合わせるかで悩む所。今回はソール形状に合わせました。

IMG_20180524_175043_20180601_125439.jpeg

失敗できない要素がある修理なので、緊張感もって取り組みました!

まだおろしてない自分のクロケットにも付けてあげよう。

2018-06-01 14:03:54
1

Counter

Today: 293
Yesterday: 206
Total: 108866

Mobile